泥棒や空き巣を防ぐにはやはり夜間の間の防犯意識が大切

犯罪の凶悪化とともに世の人々の防犯意識は年々高まってきています。防犯グッズも様々な種類ものが発売され、警備会社のサービスもリーズナブルなものになってきました。

自宅に不審者に侵入されないように対策を練っている方も多いと思いますが、泥棒や不審者はどのような家にどのようタイミングで侵入しようとするのでしょうか。

泥棒や空き巣にとって入りやすい場所

不審者はとにかく人があまり通らないような場所や、物陰になっている場所を探します。

  • 逃げるためのルートがある場所。袋小路の中に追い詰められてしまうような場所はあまり狙わない。
  • 防犯意識が薄く、玄関に鍵などをかけないような家
  • 塀や植木などで隠れる場所があり、外からの見通しが悪い場所
  • 建物に死角があり、外から犯行が見えない。居間への窓が建物の裏側にあり、窓をわっても見えにくいような場所。
  • 上記と同様に、見通しの悪い場所に勝手口がある
  • 近所つきあいがなく、隣の家にどんな人がすんでいるかもわからないようでは、万が一自分の家に住人以外の人間が入りこんでいたとしても気づいてもらえない
  • 2階のバルコニーや窓へあがる足場がある。雨どいや、室外機、物置などをつたって二階から侵入しようとする空き巣も多い格子のない小窓がある。
  • 新聞受けに新聞や郵便物がたまっていると、その家に長期間住民がいないことを察知されてしまい、空き巣に狙われてしまう。同様に、昼間であるにも関わらず居間のカーテンがしまっているような家は長期の旅行などに出かけている可能性が高いためマークされていまう
  • 以上の項目に心あたりはないでしょうか。空き巣や泥棒は犯行に及ぶ前にしっかりと事前準備をすすめます。リサーチを重ね、眼鏡にかなった家に狙いを定めるのです。

    そして、侵入されやすい時間はやはり夜間です。前述のように人の通りが少なくなった時間帯を狙って犯行を実行に移します。

    夜間に注意すべきこと

  • 夜になっても洗濯物が干しっぱなしになっている家は、昼間でかけたまま家に戻ってない、と教えているようなものです。帰りが遅くなりそうな場合、もしくは分からない時はひとまず洗濯物はしまってからでかけましょう。
  • 夜になっても室内照明や外灯がついていないような家も同様に狙われてしまいます。ちょっともったいないですが、電気をつけっぱなしにして出かけるのも一つの手なのです。
  • センサーライトを取り付けることで、侵入者をひるませることができます。不審者はとにかく目立たないように犯行を終わらせようとします。センサーライトは動く物体を感知してライトを点灯させる装置です。これを設置しておくだけで一定の効果は期待できます。
  • 以上のように特に夜間に気を配りながら防犯につとめ、自分の大切なもの、もしくは自分自身を守っていきましょう。

    コメントは受け付けていません。

    セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

    セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

    ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

    ただし、
    今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

    今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

    まずは、無料診断 022-738-7335