ホームセキュリティを考えるならまずは比較!

住宅街においても事件や嫌がらせ、いたずらなど様々なトラブルが起こりがちです。このような時代だからこそホームセキュリティに関心を寄せる人が増えています。

しかし、ホームセキュリティをどう選ぶべきなのか悩むところですよね。今回はホームセキュリティを選ぶ際のポイントとなるホームセキュリティ会社の比較についてご案内します。

スポンサードリンク

ホームセキュリティって?

近年、「ホームセキュリティ」という言葉をごく一般的に聞くようになってきました。それだけ防犯意識が一般的になってきたことなのだと思います。と、同時にそれだけ犯罪や空き巣が後を絶たないということの表れへの警戒でもあるのでしょう。

いずれにしても、現代においては防犯意識が過剰なくらいの方が安全ととれる時代であることは間違いありません。

ホームセキュリティとは、マンションやアパート、企業などの住宅侵入犯罪や火災・ガス漏れなどの際に住宅・企業・住人を守ることを言います。これらを専門にした警備員(ガードマン)がいる会社を警備会社と呼びます。

ホームセキュリティを導入する上で知っておきたいこと

では、ホームセキュリティにおける警備員(ガードマン)はどこまで私たちを守ってくれるのでしょうか。よく勘違いされがちなのですが、ホームセキュリティにおける警備員(ガードマン)は警察のように国家権力を振るったり、職務質問したり、逮捕したりといったことはできません。警備会社は単なる民間企業でそこに所属する警備員は社員という扱いなのです。

つまり、簡潔に言えば盗難や事故などの発生を駆けつけて警戒し防止させる役割といったところでしょう。ホームセキュリティ=警察と同じ役割という勘違いをされている方は多いものですが、全く違うものですからその点をきちんと理解した上で契約するようにしましょう。

ホームセキュリティ選びは比較して!

ホームセキュリティ会社は有名なセコム・アルソックといった会社から中小企業にいたるまで様々な会社が存在します。各会社ごとに月額もサービスも異なります。

ホームセキュリティ会社と契約する際は月額料金、工事費、買取料金、保証金などがかかります。どれも各社によって料金形態やサービスは異なります。

ホームセキュリティ会社を選択する際は月額が負担とならないものが良いですが、一番はあなたのご家庭が一番セキュリティとして求めているものをカバーしてくれるセキュリティ会社を選ぶことをおすすめします。

危険なのは値段だけでホームセキュリティを決めて肝心の防犯効果が低く、セキュリティ会社と契約していながら被害にあってしまうというケースです。安心を買うつもりで値段だけでセキュリティ会社を選ぶことはしないようにしましょう。

ホームセキュリティー会社と契約していれば100%安心、とお考えになる方もおりますが、やはり防犯はまずは自己防衛です。自己防衛があった上でのホームセキュリティーでより安心した生活ができるといえるでしょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。