おススメどんなもの?気になる防犯ブザーの種類や価格

防犯ブザーを選ぶ際に気になる、種類や価格。実は高ければ良いもの、という訳ではありません!

今回は選ぶ際に参考になる様々な防犯ブザーをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

防犯ブザーの種類

防犯ブザーは、子どもが通学時の安全を守るために持ったり、大人でも痴漢やひったくり防止のために持ち歩く人が増えています。近年凶悪犯罪が増えているため、特に一人になる時間帯が多い人は必ず持っておきたい防犯アイテムです。

種類は大きく分けて2つ。ボタンを押すタイプとひもを引っ張るタイプがあり、使いやすい方を選びましょう。ブザーはいざという時に迷いなく使えなくてはいけません。購入した後も時々音を鳴らしてみたり、電池が切れていないかチェックをするように心がけましょう。

500円~1500円で身を守れる!

防犯ブザーは決して高価なものではありません。シンプルなものだと500円位からあり、大体1000円位のものが多く販売されています。ブザーの機能としては大差はなく、プラスαで別の機能が付いていたり、デザインなどで個性を出しているものもあります。

防犯ブザーにホイッスルが付いているものは、例え電池が切れても音を鳴らす事ができ便利。災害時に自分の場所を知らせるのにも役立ちます。

また電池残量が一目でわかるものも!ちょっぴりズボラさんでも、これなら安心して持ち歩けますね。また防水加工が施されているものは、雨の日にバッグの外につけても壊れることがありません。傘をさして視界が狭くなっている時も防犯意識は高く持ちたいですよね。

年代別!おススメブザー

子供にお勧めなのが、ちょっとしたゲーム機能が付いているもの。少し値は張りますが、手元にあり定期的に触っていた方が万が一のときに役立ちます。同じ意味合いでキャラクターものは愛着も沸くため良いでしょう。

大人の女性にお勧めなのは、デザイン性が高いもの。一見アクセサリーに見えるものや、デコレーションが出来るものは持っていてもオシャレで、バッグに付けていても違和感はありません。

また首から下げられるカード型防犯ブザーもあります。カードケースに薄型のブザーが付いており、社員証やスイカなどのICカードを入れる事ができます。これなら首から下げていても自然です。

いかがでしたか?防犯ブザーも意外と奥が深いもの。少し高いものでも、お気に入りのものが見つかるといいですね。迷ったらいくつか持っておくのもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。