空き巣に入られないための対策

テレビをつけていると、強盗や窃盗といった物騒なニュースばかりが目立ってしまう昨今です。ニュースを見ている間はテレビの中の出来事として対岸の火事のように眺めているだけかもしれませんが、人事では終わらないような時代になってきています。

いつなんどき自分自身がターゲットになるかもわからない時代です。不審者の侵入や、空き巣、強盗への対策は十分におっておきましょう。高齢者だけのお住まいやひとり暮らしの女性は特に気をつけなくてはなりません。

スポンサードリンク

留守中にしておくべきこと

旅行などで家を長期間空けておかなくてはならない場合は工夫が必要です。

  • 郵便受けの中に新聞がたまっていればその家がしばらく留守になっていることがわかります。このような場合は営業所に連絡して配達を一旦とめてもらうか、隣の家の方に抜いてもらうか、などの方法が必要です。このような場合のたまにも、隣近所の方々とは仲良くしておかなくてはなりません。
  • 電気のメーターが回っているか止まっているかで中で人が過ごしているかを判断する場合もあります。わざとどこかの電気はつけておくことも有効です。その分の電気代はかかりますが。
  • 縁側のカーテンが昼間にしまっていると、それだけで中に人がいないことが窺い知れます。長期不在にする場合はわざと開けておくことも有効です。
  • 鍵は、郵便受けの中、植木鉢のした、牛乳受けの中などには隠さないようにしましょう。鍵を探そうとすればまずはそのあたりから探します。危険です。
  • ホームセンターで購入できるアイテムで家の防犯を強化する

  • センサーライト・・センサーの範囲内で動く物体があるとライトがつきます。暗い場所での安全灯としてももちろん使用できますが、家に侵入しようとしている不審者を躊躇させる効果も期待できます。
  • 防犯フィルム・・・空き巣が家に侵入する手口として、窓ガラスにドライバーなどで穴を開け、鍵をまわして開けるという手口があります。窓ガラスにこのフィルムを貼ることで、穴を開けたり割ったりするのが困難になります。もちろん力任せに時間をかければいずれは割れてしまいますが、空き巣や泥棒は犯行に時間がかかるのを嫌うため、途中で断念させる効果を期待できるのです。
  • 防犯アラーム・・玄関や裏口、ドアに開けた際に音がなるようなアラームをセットしておきます。不審者に対する警告音となり前述のアイテムと同様、途中で犯行を躊躇させる効果があります。
  • 格子や桟・・・・侵入経路となりやすいのが浴室の窓やトイレの窓です。格子などをはめて人が通れないようにしておきましょう。
  • 監視カメラ・・・防犯アイテムの定番ということができます。玄関や庭や裏口にカメラが設置してあるだけで、空き巣や泥棒は侵入を躊躇します。
  • これらのような方法を利用しながら、自分自身や自分の大切なものを守っていきましょう。

    スポンサードリンク



    コメントは受け付けていません。