音が嫌いな空き巣対策に!防犯アラームをドアにつけよう

空き巣にとって防犯対策がされている家とされていない家であればもちろん防犯対策がされていない家を選びます。

防犯対策でも特に嫌いなのが音と光ですが、音を利用した防犯アラームでドアからの侵入を防ぎましょう。

空き巣は何気ない日常であなたの家を見張っている!

空き巣は自分が空き巣とはばれないように、普段の生活のなかに溶け込みながら機会を伺っています

例えば、公園で休憩しているのを装っていたり、散歩をしているのを装っていたりします。日常に溶け込みながら侵入しやすそうな家を探すわけですが、具体的にどんな家が狙われやすいのでしょうか。

どんな家が狙われる?

空き巣に狙われやすい家とは、線路沿いにある家、観光名所に近い家、新興住宅地にある家、二世帯住宅の家です。

線路沿いにある家は、ドアをこじあけたりするときに生じる大きな音を電車の音でカバーでき、犯行後に電車にすぐ乗って逃げることができます。

観光名所に近い家は、普通の場所に比べて不特定多数が行き交うので、近所の人以外の人がいてもなんら違和感を感じず、不審だと思って声をかけても、観光名所までの道を聞くふりをしてやり過ごしたりするのです。

新興住宅地にある家は、共働きしている夫婦や、子供が学生で家に誰も居ない時間帯が多い家が多く、近所付き合いも希薄、住宅地のつくりによっては袋小路になっているので狙われやすいです。

二世帯住宅の家は、家に人がいるのに狙われてしまうパターンです。人数が多いために、ドアから侵入したとして物音などがしてもあまり関心がいかなかったり、部屋数が多いので、空き巣が隠れることができてしまったりします。空き巣にとって自分の家は都合が良くなっていないのかきちんと見極めましょう。

音で空き巣を追い払おう!

もし空き巣が家に侵入しようとしたら、そこで撃退できるように防犯対策をしておかなければなりません。

そこで有効なのが防犯アラームです。この防犯アラームですが、入られやすいと思う窓に取り付けるのもいいですが、意外に侵入されやすいドアに付けておくことをおすすめします。

ドアが開けっぱなしになった場合に異常を察知してアラームが鳴ったり、普段よりも激しい振動を感知してアラームが鳴ったりします。

なかには、アラームの長さを自在に変えることができるものがあり、線路沿いでも電車が通った後にもアラームが絶えず鳴ってくれるように設定したり、アラームが鳴ると留守でも携帯電話に情報がいく機能がついているものもあります。

この音の効果で空き巣を怯ませて撃退するために、ドアに防犯アラームを設置することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335