愛するバイクへのいたずらが許せない

どんなところにも心ないいたずらをする人がいるものです。庭にごみを投げ入れてきたり、植木鉢を割ったり。

そして自転車やバイクを傷つけたり。自分の大切なものを守るためには、様々な工夫をこらさなければなりません。

スポンサードリンク

いたずらする人はどこにでもいる

ネットの掲示板などを見てみたら、バイクに対するいたずらにずっと悩んでいる人も多くいます。

なかには数年にわたりいたずらを続けられている人もいるようです。ナンバープレートが曲げてあったり、ひっかき傷をつけられていたり、シートを切られていたり。いついたずらされるかが怖くて、夜なかなか寝ることもできないそうです。

集合住宅に住んでいたり、密集した住宅地に住んでいたりすると、「バイクの音がうるさいから」という理由で、嫌がらせをしてくる人もいるとか。いつどのような事が原因となって標的にされてしまうかわかりません。

バイクを守るための様々な方法があります。

盗まれないために

何はともあれ大切なバイクを持っていかれないためにもロックはしっかりしたもをつけるようにしましょう。盗難保険がついているものもあります。

ディスクロック・・・ブレーキローターへ装着するタイプのロックです。携帯性に優れています。アラームディスクロックという、異常を感知すると警報音を鳴らすものもあります。
ワイヤーロックチェーン・・・いわゆるチェーンです。価格も安いものから数万円するような高価なものまで様々です。
アンカーロック・・・船の碇のように、錘をつけたり、地面に打ち付けた杭に固定することで盗難を不可能にする方法です。

以上のような様々な盗難防止商品が販売されています。これらを併用することで、より一層の効果を期待することができます。

いたずらを防止するために

アラーム・イモビライザー・・・振動や傾きを感知して警報音を鳴らす装置です。
キーカバー・・・鍵穴にドライバーなどをさしこまれないためのカバーです。
バイクカバー・・・バイクをすっぽりと覆い、かつ鍵で固定することで簡単にはずせないようにすることができます。

これらの方法は盗難やいたずらを防止するためのものです。が、犯行に及んだ後の証拠を残すためにも監視カメラの設置は効果的です。警察に相談する際も、実際の映像があることで、解決までの道筋がスムーズになります。

長年にわたるいたずらに悩まされた人が、監視カメラを設置することでいたずらが止まったという話があります。監視カメラに見られている、という環境は不審者に犯行を思いとどまらせる効果も期待できるのです。

カメラの種類

バイクは通常屋外に止めているので、監視カメラを設置するのも当然屋外になると思います。当然防水防塵でなくてはなりません。

最近はWifiで室内のレコーダーと接続して録画をすることができる商品も出てきています。価格も安価になってきているので、多くの選択肢の中から選ぶことができるはずです。

どこにでも心無い人は存在します。そのような存在から自分の大切なものを守るためにも策を講じていきましょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。