幼稚園の放火対策はしっかりしていますか?




幼稚園では毎日子どもと接することでいっぱいいっぱいなこともあるかと思いますが、もし園児がいる最中に放火が起きてしまったらどうでしょうか。

判断能力の乏しい園児たちを守れるのは先生たちだけなのです。可愛い園児たちの笑顔を守るためにできる対策とはどのようなものがあるのでしょうか。

連続不審火?幼稚園で火災

仙台市宮城野区新田2丁目の東盛幼稚園で4月16日の午前3時頃に火事がありました。

3階の園舎のうち1階の職員室の壁など約40平方メートルが焼けました。

仙台東署によりますと、火災報知器のセンサーで出火に気づいたのは警備会社で、119番通報したといいます。

室内に火元はなく、職員室に通じる廊下の窓が無施錠だったことから、何者かが侵入して放火した可能性が高いとみています。

幼稚園では、警備会社と火災報知器が作動したときに警備員が駆けつける契約を結んでいましたが、侵入の対策はとってはいませんでした。

この幼稚園では実は7日の同時間帯にも1階の園児室で火事が起きていました。7日の火災も16日の火災も共に火の気のない場所での火災であり、仙台東署は放火の疑いもあるとみて調べています。

●放火魔からの身を守るために防犯カメラは有効です。

起きてからじゃ遅いんです!

今回のニュースでは園児がいない深夜に起こったのでまだ良かったですが、園児のいる昼間であれば大変なことになっていました。

もちろん園児のいる昼間の時間帯には不審者などには気をつけているでしょうが、人がいない時間帯までは気がまわらなかったのでしょうか。

一見幼稚園は一般邸宅や店舗などに比べると盗るものなどは何も無さそうなので、そんな深夜に侵入などされるはずがないと思ってしまいがちですが、理由はどうであれ、放火をされてしまうこともあるかもしれないということが今回の事件でわかりました。

これを受けて、他の幼稚園でも今一度侵入されやすい経路や戸締りに関する規則などを見直し、こいうことがまた起こらないようにきちんと対策をしたいものです。

関連記事学校に放火?!開かれた学校の盲点とは

どう対策をする?

今後このような火災が起きて園児の不安にならないようにするためにできることとはなんでしょうか。

まずは今回の幼稚園では戸締りをきちんとしていなかったことが明らかになっているので、マニュアル化するなどきちんと徹底するべきでしょう。

また、出火してから119番通報するなどの何か起きてからの対策しかしていないというのは不十分で、事後ではなく事前の対策を講じるべきでしょう。

校門や外壁の時点で、赤外線センサーや防犯カメラなどで「この幼稚園はセキュリティが高いから入れない」と思わせるような防犯対策をしっかりすることが大切です。

関連記事出火原因第一位は放火!?万が一に備えて

ニュース
河北新報 > 東盛幼稚園また火災 仙台・新田放火か

子供達を守れるのは大人達です。しっかりとした安全対策をお奨めします。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。