アパート暮らし必見!自分でできる防犯対策

立ち並ぶアパート




最近建設されているマンションの多くは防犯設備が備わっているものが数多く存在します。そのため、当たり前に付いている設備として考えているので、新築マンションなどに引越したいという人の割合が増えました。

その一方で、昔ながらのアパートやマンションなどは防犯対策がないところも多くあるのは言うまでもありません。

防犯部長まさる
今回は、アパートにスポットを当て、自分でできる防犯対策を詳しくお伝えしたいと思います。

自分が住んでいるアパートの造りをみる

アパートの階段

まず最初に、自分が住んでいる場所を防犯的観点でみてみましょう。

規模が小さい、昭和に建てられたような古めのマンションやアパートの場合、管理人が常駐していない物件が多いかと思います。また、エントランスに防犯カメラなどが無い場合も多く、不審者が簡単に侵入できてしまうことが考えられます。

その分、入居者として危機意識をきちんと持つことが大切です。

部屋の鍵が古いタイプの場合は、大家さんに新しいものに交換してもらえるかどうか相談しましょう。

部屋のベランダ側にも注意が必要です。周辺に木々がうっそうとしていると視界が悪く侵入者も隠れやすいため大変危険。

防犯部長まさる
1階は特に注意が必要ですが、泥棒の熟練者ともなると、いとも簡単にベランダをよじ登ります。安全な階は無いと心しておきましょう。

自分でできる防犯対策とは?

ホームセンターなどでは、さまざな種類の防犯対策グッズが販売されています。これらをうまく活用すれば、防犯に対する不安要素をぐっと減らすことができるでしょう。

まずは玄関に着目してください。

玄関の鍵を2ロックにする

鍵は「1ドア2ロック」といって1つのドアに対して2つの鍵が防犯の基本です。簡単に設置出来る補助錠も売られていますので取り付けを検討するのもお薦めです。

ドアスコープや新聞受けなどには、内側からカバーをかけるようにしましょう。

窓を割れない&開かないようにする

お次に窓の対策です。空き巣の手口で多いのが「ガラス破り」。これを阻止するために、窓を割りづらくする防犯フィルムを取り付ける、窓用の補助錠をつけると効果的です。

ベランダにセンサーライトを設置しておくとより安心です。

個々の危機意識を高めることが何より大切

女性ものの洗濯物

「今まで空き巣に入られたことも無いし大丈夫」という考えはとても危険です。防犯対策で大切なことは、もしもの時の事を考え、危機意識をしっかりと持つこと。その為に出来るだけ犯罪者が入り込む隙を作らないことです。

例えば、

  • たとえ外出が数分だとしても戸締りはきちんとする
  • 外から見て女性の一人暮らしだと分からないようにする
  • 帰りが遅いと分かっている時は洗濯物を干さない
    • これらの細やかな積み重ねが、対策として強化されていくのです。

防犯設備の整っていないアパートに住んでいたとしても、しっかりと対策を行えば泥棒は避ける傾向にあります。被害にあって後悔する前に、日頃からしっかりと対策をとることがとても重要です。