絶対参考になる!自分でできる「アパートの防犯対策」とは?

最近は防犯機能が備わったマンションも多く、引越しの際に防犯を基準に住居を選んでいる人も多いと思います。

しかし昔から住んでいる場所から引越しするのはそう簡単ではありませんよね。

今回は「アパート」にスポットを当て、自分でできる防犯対策を詳しくお伝えしたいと思います。

自分が住んでいるアパートの造りを見てみよう

まず最初に自分が住んでいる場所を防犯視点で改めて見てみましょう。規模の小さめの古めのマンションやアパートの場合、管理人が常駐しておらずエントランスに防犯カメラなどが無い場合も多く、不審者が簡単に侵入できてしまうことが考えられます。

その為、住人は危機意識をきちんと持つことが大切です。部屋への鍵が古いタイプの場合は、大家さんに新しいものに交換してもらえるかどうか相談しましょう。

部屋のベランダ側にも注意が必要です。周辺に木々がうっそうとしていると視界が悪く侵入者も隠れやすいため危険。1階は特に注意が必要ですが、安全な階は無いと心しておきましょう。

自分でできる防犯対策とは??

今はホームセンターなどでも様々な種類の防犯対策グッズが販売されています。これらをうまく活用すれば、防犯に対する不安要素をぐっと減らすことができます。

まず玄関。カギは「1ドア2ロック」といって1つのドアに対して2つの鍵が防犯の基本です。簡単に設置出来る補助錠も売られていますので取り付けを検討するのも良いでしょう。

またドアスコープには内側からカバーをかけるようにしましょう。

次に窓の対策です。空き巣の手口で多いのが「ガラス破り」。これを阻止するために、窓を割りづらくする防犯フィルムを取り付ける、窓用の補助錠をつけると効果的です。

またベランダにセンサーライトを設置しておくとより安心です。

犯罪の危機意識を高めることが何より大切!!

「今まで空き巣に入られたことも無いし、きっと大丈夫」という考えはとても危険です。防犯対策で大切なことはもしもの時の事を考え、危機意識をしっかりと持つこと。その為に出来るだけ犯罪者が入り込む隙を作らないことです。

例えばたとえ外出が数分だとしても戸締りはきちんとすること、外から見て女性の一人暮らしだと分からないようにすること、帰りが遅いと分かっている時は洗濯物を干さないこと、…そういった日頃の行動が積み重なって対策は強化されていきます。

防犯設備の整っていないアパートに住んでいたとしても、しっかりと対策を行えば泥棒は避ける傾向にあります。被害にあって後悔する前に、日頃からしっかりと対策を行っていくことがとても重要ですよ!

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335