仕事から帰宅すると物の配置が変わっている

リビングにカメラを設置

設置目的:カメラを設置して留守中に人の出入りがあるか確認したい
相談者:仙台市若林区在住 20代 男性 
設置場所:アパートリビング

仕事から帰宅するといつも家を出る前と物の配置が変わっています。家具のような大きな目立つものではなく、机の上に置いてあったものや、出してあった衣類などが別の場所に置かれているのです。

仕事の間、自宅に防犯カメラを設置して、留守中、人の出入りがあるのかどうか、確認したいと思います。

駅から遠い、狭い路地の住宅街

大学時代から実家を離れて一人暮らしをしていますが、社会人になって今のアパートに引っ越してきました。駅から遠くても家賃の安いところを、と思って探したアパートなので、お世辞にもきれいとは言えません。

近所には国道4号線が通っていますが、幹線道路の一本裏は狭い路地の入り組んだ古い住宅街、と言った感じの場所です。目立った観光スポットも公共の施設もないので知りあいでも居なかったら、まず、訪れることのない場所なのではないかと思います。

きっかけは雨の日。朝置いたものが、そこにない!

ある雨の日、机の上にキチンと置いて出たはずの自転車の鍵が、なくなっており、別の場所から出てきたことがきっかけて、家の中の物の配置が変わっているのではないかと気づき始めました。それ以前にも、物が見つからなくて後になって出てくることは、ちょくちょくあったので、気にとめていなかったのですが、その日は、朝、雨で自転車で最寄駅まで行けないので、自宅を出る直前に自転車の鍵を机の上にちゃんと置いて出たことを覚えていたのです。

その日から気になって、机の上や、玄関先、リビングのテレビ周辺やソファの辺りなどを携帯電話のカメラを使って写真で記録し、帰宅時に確認するようになりました。すると、ダイレクトメールの束や、衣類、食器や生活日用品の場所が変わっていることに気づきました。

別の場所から出てくることもあれば、殆ど同じ場所にあるけれど、朝とは違った置き方や状態になっていることがあります。

誰かが自分の部屋の合鍵を持っている可能性

実家の母親が合鍵を持っているので、電話で確認したところ、僕の留守中にアパートへは来ていない、と言います。確かに電車で2時間以上はかかるし、物の配置が変わるのは、ほぼ毎日なので、毎日のように母親がこそっそり来てるとは考えにくいです。

戸締りはきちんとしているつもりですが、物の配置が変わっているのは間違いありません。心配なのは、以前この部屋に入居していた人がここの合鍵を持っているのではないか、ということです。

知りあいの中にも、アパートの合鍵を作ったが、アパートを出る時、不動産屋に、最初にもらった鍵は返したが、自分で作った鍵は返さず処分した、という人がいます。入居者が変わるたびに、鍵の付け替えをしているようには見えないアパートなので、その可能性はあると思います。

リビングに防犯カメラを設置して、仕事に行っている間、アパート内に誰かが入っていないか調べたいと思います。相手に気づかれずに、リビングのできるだけ広い範囲を撮影できるような防犯カメラを取り付けたいです。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。