従業員が物を持って帰るので証拠を撮りたい

タオルなどの消耗品

設置目的:従業員の不正の証拠
相談者:宮城野区在住 30代 女性 
設置場所:店内倉庫

お恥ずかしいことですが、私の店では従業員が閉店後にお店の物を勝手に持って帰っています。

マッサージ等のリラクゼーションを提供しているお店なのですが、施術後にお茶のサービスがあったり、タオルやアロマオイルなど、消耗品の備品があります。これらが無くなることが頻発しているのです。

女性ばかりのお店

私の店は女性スタッフばかりです。パーティションとカーテンを使った個室で施術を行うのですが、施術に使うアロマオイルやタオル類、施術後にサービスするお茶などが無くなります。店舗のバックルームに倉庫があり、備品をそこにストックするようにしています。

備品にセルフサービスにしているものはないので、無くなるとすれば従業員の可能性が高いです。実は、スタッフの1人が、誰かが備品を持ち返っているのではないか、とこっそり店長の私に相談に来たのです。でも、誰も実際に備品を盗んだところを見た人はいません。

シフト制でスタッフの誰もが1人になる可能性あり

複数居るスタッフはシフト制で、どうしても、誰かが1人でお店にいる時間ができてしまいます。仕切り等が多い店内なので、見渡せない分、見えないところで何かをすることが可能なことは事実だと思います。

比較的若い女性スタッフばかりで、接客業なのでそれなりに人となりを選んで一緒に働いているつもりで、正直な話、スタッフの中に備品を盗んでいる人がいるとは考えたくはありません。かと言って、ミーティング等で備品がなくなる、という話題を持ち出すと、スタッフ同士がギクシャクしてしまうのではないかと、別の心配が出て来ます。

苦渋の決断。犯行を撮影するしかない!

苦労して、今のメンバーを集め、みんなが仕事に慣れて、色々なことが安定して回るようになっていました。密着型の接客業であり、こちらが求める人材と言う意味でも、雇われる側にとっての職場条件と言う意味でも、次々に人を雇える業界ではありません。

もしも、スタッフの中に本当に備品を持ち返ってしまった人がいるのなら、スタッフ全員が知ってしまう前に、まずは本人と私とできちんと話をしたい、その為には、犯行を撮影して、それが一体誰なのかを特定しなければなりません。

身内に防犯カメラを使うのは気が引けるのですが、備品が無くなるのを放置するわけにもいきません。悩んだ末の苦渋の決断として、バックルームの倉庫付近に防犯カメラを設置することにしました。犯人を突き止めるために最もよいカメラの設置にはどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335