皇宮護衛官の採用されるには?

皇宮護衛官とは、天皇皇后両陛下、皇族各殿下の護衛や、皇居や御所などの警備を行う人たちのことで、天皇皇后両陛下、皇族各殿下のボディーガードと呼べる存在です。皇宮護衛官に採用されるためには、採用試験を受ける必要があります。

この採用試験を受けるための条件はいくつかありますが、その中には個人の努力ではどうにもならない条件もあります。それは、身長です。男性は160センチ、女性は148センチに満たない者は不合格になります。

さらに体重にも決まりがあり、男性は48キロ、女性は41キロに満たない場合に、不合格になります。色覚や視力などにも条件があり、その条件をクリアしなければ、採用試験に合格することは出来ません。もちろん試験もあり、試験は1次試験と2次試験があります。1次試験では、教養試験と作文試験が行われます。2次試験では、人物試験、身体検査、身体測定、体力検査が行われます。

しかし、皇宮護衛官として採用されても、すぐに護衛や警備を行うわけではありません。皇宮警察学校で、警護警備のプロフェッショナルになるための勉強と訓練をすることになります。皇宮警察学校では柔剣道やけん銃操法だけではなく、茶道や和歌、華道など幅広い分野の知識を得るための勉強も行います。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。