僕とスターの99日

2011年10月から2011年12月まで放送されていたドラマ「僕とスターの99日」は、ひょんなことから警備員がスターのボディーガードをすることになるドラマです。フジテレビ系列のドラマで、日曜21時から放送されていたこのドラマは、西島秀俊と韓国人女優のキム・テヒのダブル主演が話題になりました。

ドラマのキャッチコピーは「まさかの恋は、まさかの期限付き。」で、99日という契約期間の中でのボディーガードとスターの恋が描かれています。ドラマの中で西島秀俊が演じる並木航平というボディーガードは、天体観測が趣味の冴えない男です。

警備会社で20年アルバイトを続けていますが、前職は天文台の職員でした。警備会社の社長がキム・テヒが演じるユナの所属する芸能事務所の社長と知り合いだったため、並木航平が務めている会社にボディーガードの依頼がやってくることになります並木航平は、星にしか興味がないことから、韓国から来日した女優のボディーガードに抜擢されます。

天体観測が趣味の男がスターのボディガードになって、スターと恋をするというシチュエーションに憧れる男性も多いでしょう。実際に、スターのボディーガードをすることが出来るとなったら、立候補したい人はどれくらいいるのか気になるところです。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。