SPの武器

SPとはセキュリティポリスのことで、要人警護専門の警視庁警護課の警察官を指しています。セキュリティポリスが要人を警護している姿を見て、カッコイイ!と感じたことがある人もいるのではないでしょうか。

その格好良さにセキュリティポリスに憧れて、セキュリティポリスになりたいと思った人もいるかもしれません。でも、要人を警護するSPには、簡単にはなれません。決められた条件を満たし、特殊訓練に耐え、厳しい競争を勝ち抜いた者だけが任命されます。

そして、SPになった後も訓練を継続して行わなければいけません。SPが普段行う訓練は柔道や剣道だけではなく、拳銃や対処訓練などの訓練も行います。拳銃の技術は、一般の警察官とは比べものにならないと言われています。

いざというときのために持ち歩いている拳銃には、いくつか種類があります。採用されている拳銃が複数あるため、自分に合う拳銃を採用されている拳銃の中から選んで使用しているとされています。

岡田准一が主演した「SP 警視庁警備部警護課第四係」では、SPが使用する拳銃として「SIG SAUER P230JP」が登場しましたが、実際には他の拳銃を使用していることが多いようです。SPは特殊警棒や防刃衣、折り畳み式の防弾盾など、拳銃以外にもさまざまなものを使用しています。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。