ザ・ボディガード

ボディガードがタイトルに使われている映画やドラマは、意外なほどたくさんあります。ケビン・コスナーの「ボディガード」や少女ピタと軍人の心の交流を描いた「マイ・ボディガード」など、印象的な作品ばかりです。

そんな作品の1つに、シルヴェスター・スタローン主演の「ザ・ボディガード」があります。シルヴェスター・スタローンというとロッキーをはじめとした数々の作品から肉体派として有名ですが、「ザ・ボディガード」では肉体ではなく演技で人々を魅了しました。アクションサスペンスという触れ込みで公開された映画ですが、実際はコメディタッチの映画を主役を演じきり、観客を惹きつけ、笑わせたスタローンに好感が持てるはずです。

スタローンが演じたのは、マフィアのドンのボディーガード「フランキー」です。ストーリーは、フランキーが目を離した隙に守るべきマフィアのドンが敵対組織に殺されてしまったことから、敵対組織に対して復讐を誓ったマフィアのドンの娘「ジェニファー」を護衛するというものです。

優しさを感じさせるボディガードを演じたスタローンを見て欲しい映画です。「道」や「アラビアのロレンス」で有名な名優アンソニー・クインの遺作でもある作品ですから、一見の価値がある映画でしょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。