ファントムのボディーガード

オペラ座に住み着いている謎の怪人とオペラ座の若手女優、そして女優の恋人の関係を描いたガストン・ルルーの「オペラ座の怪人」は有名な小説です。と言っても、小説自体を読んだことがある方は、あまりいないのではないでしょうか。

映画やミュージカルで「オペラ座の怪人」を見たという方がほとんどでしょう。2004年には、アメリカでミュージカル映画として、オペラ座の怪人が公開されています。劇中に登場するシャンデリアが1億2千万円のスワロフスキー社製のシャンデリアだったことで有名で、日本では、2005年に映画が公開されました。この映画でジェラルド・バトラーという俳優がファントムを演じています。

さて、今回はファントムを演じたジェラルド・バトラーのお話です。最近、ジェラルド・バトラーは、ボディーガードを雇いました。何故、ジェラルド・バトラーがボディーガードを雇ったのかというと、出演した最新映画「マシンガン・プリーチャー」に対し、殺害の脅迫を受けたからです。

しかし、残念なことにジェラルド・バトラーは、雇ったボディーガードの働きに満足していないようです。空港でパパラッチにもみくちゃにされているときに、ボディーガードはただ突っ立っていただけだったようで、そのことに対して愚痴をこぼしています。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。