セキュリティポリスの射撃

映画やドラマでは、日本のSPや刑事も拳銃を使用することがあります。実際に、SPや刑事が拳銃を使用したというニュースはほとんど聞きませんが、映画やドラマの中ではSPや刑事が拳銃を使うことは当たり前になっています。

しかも、その腕前は相当なものです。映画やドラマの中でSPや刑事が拳銃を使えば、犯人に見事命中します。では、実際のセキュリティポリスや刑事はどうなのでしょうか?

SPの射撃の腕前が映画やドラマ通りのものかどうかははっきりとしませんが、一般の警察官に比べると射撃の腕は優秀であるとされています。ドラマの中では刑事も射撃の腕前がかなりあるように見えますが、実際はSPほどの腕前を持っている刑事は少ないと言われています。

SPといえば、上着の前を開けたままにしている姿で映画やドラマに登場しますが、これには理由があります。理由は、「いざというときに備えている」です。何かあったときに、武器を素早く取り出せるように上着の前を開けたままにしているのです。

もちろん、これは映画やテレビの設定というわけではなく、実際のSPも同じです。ちなみに、SPはメガネの着用を許されていないので、メガネをかけたSPもいません。メガネ無し、上着の前は開けたままというのがSPの格好になるでしょう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。