ボディーガードを連れたミュージシャン

ボディーガードを連れたミュージシャンと言えば、誰が思い浮かぶでしょうか。最近では、2011年6月に来日したレディーガガがボディーガードを連れていました。ボディーガードを含め、たくさんのスタッフとともに六本木のお店で夕食をとったという記事は、記憶に新しいものだと思います。

レディーガガは、台湾でもボディーガードを連れていました。なんと、レコード会社が50人のボディーガードを雇ったという話です。しかし、レディーガガの凄いところは、ボディーガードの数だけではありません。

日本でチャリティー活動をしたりと、奇抜な格好からは思いも付かない人間味溢れる人物です。台湾でも、空港で待ちぼうけになってしまったファンのために、ハンバーガーを用意していました。

日本でボディーガードを連れて歩くミュージシャンと言えば、GACKTが有名でしょう。テレビでも、GACKTの黒人のボディーガード2人が紹介されていたことがあります。事業の失敗が原因で金銭的な余裕がなくなり、ボディーガードを解雇したという噂もありましたが、この話を聞いた本人はボディーガード解雇説を否定していました。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。