セキュリティポリスになりたい




日本のシークレットサービスと呼べる組織がセキュリティポリスです。警視庁警備部警護課で要人警護を任務としている専従警察官のことを、セキュリティポリスと言います。警視庁以外にも要人の警護を行う警察官がいますが、彼らは正確に言うとセキュリティポリスではありません。警視庁警備部警護課で警護を行っている課員とは区別されており、警視庁以外で要人警護を行っている警察官は警備隊員などと呼ばれています。

最近、セキュリティポリスを題材にしたテレビドラマが放送されたこともあり、このセキュリティポリスに興味があるという人が増えています。中には、自分もSPになりたい!という人もいるでしょう。

しかし、SPは誰にでもなれるものではありません。ドラマのようにSPとして活躍するには、条件をクリアしなければならないのです。

さて、こうなると気になるのはクリアすべき条件です。身長173㎝以上という条件や射撃上級、柔道か剣道3段以上など、様々な条件があります。と言っても、すべての条件をクリアする必要はなく、ある程度条件を満たせば良いようです。

これらの条件よりももっと大切なものは、巡査部長以上の警察官であるということです。これは必須条件ですから、SPになるためにはまず警察官を目指す必要があります。




コメントは受け付けていません。