政府にケビン・コスナーはいるのか

政府にケビン・コスナーがいるのかとはなんのこっちゃ?と疑問に思った人がほとんどだと思います。「ケビン・コスナー=ボディーガード」

このように考えてもらえば、わかるかと思います。ちょっとわかりにくい方向から攻めてみましたが、ここで、政府におけるボディーガードについて考えてみましょう。セキュリティポリス、通称SPや皇宮護衛官といった人たちが政府におけるボディーガードです。

では、この人たちがどのような人たちかわかりますか?まずSPですが、SPは警視庁警備部警護課等に属しています。どのような人たちを警護しているかというと、SPは内閣総理大臣や国賓などの警護をしています。

皇宮護衛官は、名前からわかるように天皇、皇族及び皇居などの警護や警備しています。皇宮警察本部というものがあり、そこに属しています。皇宮護衛官の中でも、天皇や皇族の身辺警護を行う皇宮護衛官は侍衛官と呼ばれ、少し特別な扱いになります。

なんと、必要とされるのは警護の技術だけではないんです。腕っ節が強いだけでは、侍衛官にはなれません。侍衛官には、教養も必要です。和歌や茶道、華道なども出来ないといけません。さらに、馬術も必須になっています。うーん、侍衛官になるのはかなり大変そうですね。

コメントは受け付けていません。

セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335