警護ってなに?

みなさんは、警護というとどのようなものをイメージするでしょうか。やはり、真っ先に思い浮かべるのはボディーガードでしょう。黒いスーツを着たマッチョな男が要人を守っている姿が頭に浮かぶのではないかと思います。

警護というのは、事故がないように警戒して守ることです。ですから、想像通りボディーガードなどが果たす役割のことになります。このボディーガードをもう少し詳しく説明すると、政府要人や著名人など重要な人物を警護して、誘拐や暗殺などされないようにする人たちのことです。

ボディーガードの数は、警護されている人によって違います。重要な公人であれば、警察などが数人から、多ければ数十人という人数で警護することになります。公人であっても襲撃などの危険性の低い人の場合は、人数が少なくなります。

このようなボディーガードに自分も守って欲しい!と考えたことがある人はいませんか?有名なミュージシャンなどが、自費で数人のボディーガードを雇っていることがあるように、映画やドラマのようなボディーガードとのドラマチックな展開を夢見ている一般人が、ボディーガードを雇うことも出来ます。ただし、ボディーガードと夢のような展開があるかどうかはわかりません。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。